【忘れられない祖母の言葉】結婚相手は○○な人!?

  • URLをコピーしました!
ふくし
ふくし

こんにちは♪

ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。

福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、

ゆる〜くつぶやいています(^^)

私生活では、5歳男の子、0歳女の子のずぼらママです(^^)

ふくし
ふくし

今日は祖母の話

目次

おばあちゃんは、スーパーヒーロー!?

ふくしは幼少期、一緒に暮らしていた祖母がいました。

共働きの両親にかわり、ふくしの面倒をみてくれて、
いつもにこにこと優しい祖母(^^)
そして、おもしろい祖母でもありました。

祖母の話はこちらもみてください(^^)↓↓

ふくしのほどほどブログ
【祖母の思い出】忘れられないおやつ | ふくしのほどほどブログ ふくし こんにちは♪ ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。 福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、 ...


祖母は農家の子どもとして生まれ、
幼少の時から、田んぼや、畑仕事を手伝っていたそうです。

そんな祖母でしたので、農家をやめた後も、
家の畑で野菜を作ったり草むしりをしていました。

時々、ふくしの父も手伝っていましたが、
数時間でバテてしまう、、、
そんななか、祖母は顔色ひとつ変えず、
1日中、畑仕事や草むしりをしていました。

素晴らしく忍耐力がある祖母!

小学生だったふくしは聞いたことがあります、

ふ「ねーねー!おばーちゃんは、何でずっと草むしりをしていられるの?」

祖母「農家だったからね、コツコツやることは、慣れとるよ」

「でも、お父さんのほうが力もあって大きいのに、すごく疲れてたよー!」

祖母「疲れない身体の使いかたがあるのさ、身体に染みついているわ」

その話を聞いて、当時のふくしは、

「疲れない身体!?」

すごいな!!

おばあちゃんは、スーパーヒーローみたい!と思っていました!

結婚相手は、けんたくん!?

祖母はよく、
「農家の人は我慢強く、忍耐強い」
「コツコツひとつのことをやり続ける」
「人や自然に優しい」

「あんたも、そんな人と結婚しなさい」
と話していました。

当時のふくしは、ふーんと聞くだけ、、

両親が共働きだったので、祖母が恋の相談相手!!

ふ「おばあちゃん、私ね好きな人ができたの!」

祖母「ほー、どんな人なんじゃ?」

「○○くん!すっごい、かっこいいの!」

祖母「どこが、かっこいいんじゃー?」

「んーとね、んーと、顔かな!!!


小学校の時なんて、顔がかっこいい!可愛い!
の話しで盛り上がりますよね(笑)

しかし、祖母は必ず、

祖母「あんたな、顔はね、ついていればいいでしょ」

「ヘ?」

祖母「顔には、だいたい目や鼻、口がついとる」
「みんな、同じものがついてるわ」
「それは、みてわかるだろう?」
「だから、顔はついていればいいわ」

「えーなにそれ!?よく、分からないよ」

祖母「目にはみえない、中身をみなさい」
 「忍耐強く、人や自然に優しい人を」
 「農家の人は、そんな人がおおいよ」

そして、少し考える祖母、、、


祖母「けんた君が、いーな!農家の孫じゃろ!結婚しなー!」
勝手に結婚相手を決める祖母(笑)

「けんた君、すぐいじわるするから嫌ー!」
真面目に答える若きふくし(笑)

祖母「そうか、、農家の人で悪い人はおらんけどな、、」
これが口癖だった祖母、、、

その後も、ふくしが誰かを好きだ!付き合った!ふられた!などを繰り返すたび、
「農家の孫のけんた君と結婚しなー!と言われました(笑)

いやいや、そもそも、けんた君にも選ぶ権利はあるわ(笑)
けんた君は、ふくしを好きではない(笑)

農家の人と付き合った!?

月日はたって、ふくし大学生!

そこで、同じく大学生だった旦那と出会いました。

付き合ってる時、ふくしの家に遊びに来た旦那が、たまたま庭の草むしりをはじめました。

もともと、自然が好きな旦那なので、ふくしの田舎の環境を、すぐに気に入り、ずっと庭いじり(笑)

その時、ちょうどデイサービスから祖母が帰宅。

この頃には、祖母は認知症も進んでいて、
週に3回デイサービスに行っていました。

 草むしりや草木を運ぶ当時の旦那の姿をみて、
農家の人と勘違いする祖母(笑)

否定するふくしの話も、
全く聞いてない(笑)

テキパキ草木を運ぶ旦那をみて、

祖母「良い動きをしてるわ!あんた、いい人を選んだね!なかなか立派な農家の男じゃ!」
と、べた褒め(笑)

デイサービスのスタッフさんにも、孫の結婚相手だと、紹介しだす(笑)

⚠当時、旦那はただの大学生

でも、久しぶりにとても嬉しそうに話す祖母をみて、
それ以上、否定することはやめました。

それから数年して、祖母は他界、、

結局、最後まで祖母はふくしの旦那を農家の人だと思っていました。

大人になっても思い出す

結婚して、子どもができて忙しく生活していても、
時々、祖母の言葉を思い出す、、、

「目にはみえない、中身をみなさい」
「忍耐強く、我慢強い人」

「人や自然に優しい人」
「農家の人はそんな人がおおいよ」

旦那は今も、農家ではないです。

でも、自然や人が好きで、家の草木の手入れをしたり、
子どもたちと庭の芝生でよく遊んでくれます。

そんな姿をみて、
おばあちゃん、農家の人ではないけど、人や自然に優しい人と結婚できたよ、、
と心の中で話しかける。

きっと祖母も、本当は農家じゃなかったと知っても、「良い人を選んだね」
って笑って言ってくれるだろう、、

いや、また、
けんたくんにしーやと言うだろうか(笑)

祖母の言葉は何故か大人になってから思い出す、、、
子どもの頃にはよく、わからなかった言葉や話、、
祖母の言葉は、奥がふかい。

そして、胸の中にいつまでも残っている。

みなさんも、忘れられない言葉ってありますよね(^^)

ふくし
ふくし

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

ふくし
幼稚園教諭→祖母が認知症→介護の道へ→介護福祉士取得→約10年の在宅介護を経験→現在は保育士として働く、7歳と2歳のずぼらママ♪少女漫画大好き♡福祉に携わってきた経験をもとに【保育】【子育て】【介護】の情報を発信しています♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる