【幼稚園教諭仕事編】月案ってなに?

幼稚園 仕事
  • URLをコピーしました!
ふくし
ふくし

こんにちは♪

ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。

福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、
ゆる〜くつぶやいています(^^)

私生活では、5歳男の子、0歳女の子のずぼらママです(^^)

ふくし
ふくし

今日は幼稚園の話

目次

1年目でまさかのクラス担任に!

憧れの幼稚園の先生になり、無事に研修期間も終えたふくしです。↓

あわせて読みたい
幼稚園教諭のメモの魔力!?メモのパワーを事例で紹介♪ ふくし こんにちは♪ ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。 福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験をゆる〜...

研修期間中に、次年度のクラス発表もあり、
ふくし1年目から年中の担任を任せられることになりました。

1年目は、だいたいフリーの先生になって、
色々なクラスをまわり勉強します。
ふくしも、フリーになるかなと思っていたので、ビックリ!

もちろん、喜ばしいこと、有り難いことです、、
でも内心は、自分の名前を呼ばれた瞬間、
「どーしよー、いきなり担任!しかも1人!?」
「どひゃー!!」
と脇汗だらだら(笑)

ふくしは、年中のはなぐみに!
年中は全部で5クラス、それぞれ26人ほど子どもがいます。
すぐに、同じ学年の先生たちにご挨拶。

ふくし「よろしくお願いします。」
もちろんみんな先輩!

学年主任 ちゅーりっぷ組 ちえ先生。(6年目)

副主任の ひまわり組 あき先生(4年目) 

たんぽぽ組の ゆみ先生(4年目)

ゆり組の けい先生(2年目)

そして、はな組 ふくし(1年目)
で、年中はこの年スタートしました。

「よろしくね〜頑張ろうね♪」
と優しい先輩達♪(安心)

月案・週案・日案を書こう!

学年ごとに集まって1年間の予定の確認や、
年間目標などを決めていきます。

なにもかもが初めてのこと、
一生懸命メモをとりながら、
ふくしも必死に話を聞きます。

学年目標が決まったら、
ここからは、個人でクラスの
月案、週案、日案を書いていく時間!

月案】
1ヵ月の生活を見通して立てる指導案

週案】
1週間を見通して活動を具体化して立てる指導案

日案】
その日の保育をどのように展開するのか、
1日の子どもの生活時間を見通して細かく立てる指導案。

どれも、簡単に言えば、
予定表(スケジュール)です(^^)

1年目のふくしのために最初は、
主任のちえ先生が教えてくれました。

この日は4月1日。
まだ子どもは春休み中、、

4月8日より、子どもたちが登園してくる!

まだ、顔もみたことのない子どもたちだけど、
はじめて受けもつクラス!

はじめてのクラスの子どもたち!

そう思うと、
月案や週案を書く顔がにやにやしました

最初の失敗

(ずっと憧れていた幼稚園の先生に本当になれたんだ。)
(子どもたちとたくさんの楽しいこと、ワクワクすることを共感していこう)
(月案、週案は、そのためのスケジュールを書くためのものだ!よし頑張ろう♪)

気合入りまくりのふくし!

色々と子どもたちを想像しながら、計画を書いていく、、

「よし!できた♪」
出来上がって、主任にみせたら、すぐに訂正!!

主任「この日は午前保育だから始業式でたらすぐにお帰りね」
「この週も、散歩にでる時間はないよ。給食もまだないよ、話きいてたかな??

すみません、、
時間配分を全然分かっていないふくし、、
始業式終わったら、近くの公園まで散歩にでようとしてた(笑)

勝手にふくしのクラスだけ、給食食べる気でいた(笑)

無理に決まってる!

そもそも、時間が仮にあったとしても、
登園初日で、顔と名前もちゃんと一致していない子どもを連れて
散歩に出るなんて危険すぎる!
危機管理が低すぎると、当時の自分を叱りたい!

子どもたちと遊ぶ姿を想像して浮かれて、
現実を全くわかってないふくし!

今、思うと、
さんざんな月案、週案でした、、

大失敗のなか、
幼稚園の先生の第一歩がはじまりました!

もちろん、その後、すべての書類を書き直しました(笑)
ものすごい時間がかかった、、

月案の内容

幼稚園の先生って、

子どもと遊んでるだけでしょ??

楽しいだけでいいな

なんて言われることもありますが、、

実際は、
子どものいないところでの仕事がたくさん!

月案、週案、日案などの書類もその1つで、
内容は


○子どもたちが、安心して安全に過ごせるように環境をどう整えるか
○子どもたちに、こんな経験、体験をしてもらいたい
○子どもたちと一緒に自分自身もどう成長していくか

上記を記したもの!
先生たちは、これらを常に考え計画をつくっています。

この日、幼稚園の先生にとって、
大切な仕事の1つを学んだふくしでした(^^)

ふくし
ふくし

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

ふくし
幼稚園教諭→祖母が認知症→介護の道へ→介護福祉士取得→約10年の在宅介護を経験→現在は保育士として働く、7歳と2歳のずぼらママ♪少女漫画大好き♡福祉に携わってきた経験をもとに【保育】【子育て】【介護】の情報を発信しています♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次