【イヤイヤ期】子どもが食べない!お菓子ばかり!どうしよう?現役保育士が対応方法7選を紹介!

イヤイヤ期食事
  • URLをコピーしました!
ふくし

こんにちは♪

ふくしは、介護福祉士、保育士、幼稚園教諭、おもちゃインストラクターの資格をもち、
デイサービス、老人ホーム、幼稚園で働いてきました♪
現在は、保育園で働いています♪

『福祉』の仕事に携わってきた経験をもとに、
保育や介護現場、子育てに活かせる情報をお届けしています♪

私生活では、6歳男の子、2歳女の子のずぼらママで、趣味は漫画を読むことです(^^)♪

ふくし

今日はイヤイヤ期の話

目次

イヤイヤ期

2歳頃から自己主張も強くなり、
なんでも、「いや!」「やだ!」と拒否をする、
いわゆる【イヤイヤ期】
【子どものイヤイヤ期】

成長の証とわかっていても、
パパやママも、どう接していいか困ってしまいますよね。

ねこさん

ご飯を食べてくれない、、

食事の面でのイヤイヤ期には、
どう対応したらいいのでしょうか?

今回は、
【イヤイヤ期】食べない時はどうする?
現役保育士が、すぐに試せる対応方法を紹介します!

こんな人におすすめ♪

○食べない子への対応方法
○イヤイヤ期で悩んでいる
○お菓子ばかり欲しがって困る

ふくし

すぐに試せるものだよ♪
参考にしてね!

おすすめ対応7選

環境を整える

飲み物を飲む子

「ご飯食べよう〜!」と声をかけても、
「イヤ!!」と拒否されてしまうのは、
○おもちゃで遊びたい
○テレビをみたい

など、食べることよりも楽しいことがあるから。

ごちゃごちゃした部屋では、
子どもも他のことに気がいってしまいます。

【やってみよう♪】
○おもちゃを一緒に片付ける
○一緒にお皿を運ぶ
○テーブルを拭いてもらう
○コップを並べる

など、まずは食事をする環境を整えましょう!

まだ遊びたいと愚図る子には、
「このブロックを組み立てたら片付けよう」
「食べ終わったら続きをやろう」
「これを見終わったら、一緒に食べよう」

など、子どもの気持ちを受け止めて声かけしてあげよう!

『自分の気持ちを分かってくれた』と、
子どもが納得することが大切!

特別感で楽しく

お弁当

どんなに食べる環境を整えても、
「いやー!」
「いらないー!」
と拒否されることもあると思います。

そんな時は、いつもの食卓に【特別感】をだしてみよう♪

【やってみよう♪】
○シートをひいて、ピクニック風に
○お弁当箱に入れてみる
○可愛い紙皿に並べる
○バイキング風にして子どもが自分で取れるようにする
○ベランダにテーブルをだして食べる

お弁当箱

いつもと同じメニューでも、食べる環境が変わることで
特別感がでて、子どもも食事の時間を楽しんでくれます

量や食べ方を工夫

ご飯

子どもにたくさん食べてほしい!
と、色々な料理を作っても、
残されたり、「いらない!」と拒否されると、
ママやパパも悲しくなってしまいます。

イヤイヤ期中は、
保護者の方も【頑張りすぎない】ことが大切!

スプーンやフォークを使わなくても食べられる、
おにぎりやパン、チーズなど、
少しの量をお皿に盛ってだし、
「これだけ食べたら遊ぼうね」
と、食卓に誘ってみましょう!

全部食べられた時は、
「食べられたね」
「かっこいいね」と、たくさん褒めます!

完食できた喜びを味わえ、
自信にもつながっていきます!

仲良しと一緒に

子ども

保育園では、食べるのを嫌がっていた子も仲良しの子の隣だと、
進んで食べる子もいます。

【やってみよう♪】
○お気に入りの人形を隣に座らせる
○大好きなおもちゃを食卓に並べる

「アンパンマンもお腹空いたって」
「あーんしてあげよう!」
「○○ちゃんも食べれるかな?」
など、楽しい雰囲気をつくるとGOOD♪

大好きなものが近くにあると、子どもも意欲的に食べ進めたりします♪

落ち着くまで待つ

泣く子

どんなに環境を整えても、
食べてくれない時は食べません。

そんな時に、無理に話して聞かせようとしても、
「いやー!」と大泣きして逆効果!

『1食くらいぬいても大丈夫』
無理に食べさせることはやめましょう!

子どもの食事も片付けてOK!
「食べたくなったら言ってね」
「お母さん先に食べてるね」

と、食べ始めましょう!

「おいしい〜」と美味しく食べていると、
しばらくしたら子どもも「食べる〜!」と席についたりします。

保護者の方もイライラをためないのが大切!

お菓子は量を決める

お菓子
ぶたさん

お菓子ばかり欲しがります、、

お菓子のほうが美味しいことを子どもは分かっています!

言われるがままお菓子を与えていては、
お腹もいっぱいになって、ますます食べなくなります。

【やってみよう♪】
○お菓子は子どもの見えないところに置く
○「今日はこれだけね」と、しっかりと量をみせて伝える
○お菓子のおかわりを求めても、空の袋などをみせて「ない」ことを納得させる
○「ご飯を食べたらお菓子にしよう」と初めに約束する

根気よく話したり、伝えることで子どもも次第に納得していきます。

大事なのは、子どもが泣いても、怒っても、
保護者の方が対応を一貫すること。
毎回、曖昧なルールにしていると、子どもも混乱してしまいます。

また、お菓子の食べすぎが心配な場合は、
ヨーグルトやふかし芋、チーズ、果物などをお菓子の代用にしよう!

食育

野菜を持つ子

普段から【食べる】ことへ興味がうすい子には、
普段の生活で【食育】を取り入れよう♪

特別なことはなにもありません!

【やってみよう♪】
○一緒にスーパーにいって食材を選ぶ
○野菜を育てる
○簡単な手伝い(レタスをちぎる・きゅりをたたく)を頼む
○味付けをお願いする

「このトマト、○○ちゃんが選んでくれたやつだよ」
「レタスをビリビリできるかな?」
「ちょっと味見してみて〜お塩入れたほうがいいかな?」

○自分で決めた
○頼られる
○決定権がある

ことに、子どもは喜びを感じ
次第に【食べる】ことに興味をもつようになります。

おすすめ絵本

食事が楽しくなる♪
食育にピッタリな絵本を紹介します!

食事の前にお子さんと一緒に読むのもおすすめ(^^)

今日のご飯はなんだろう?
いろんな食べ物があるけど、食べたらどんなおとがする?
くいしんぼうの手がどんどん伸びてきて、
子どももついつい「僕も食べたい〜!」と言い出しちゃう♪

夕方になると、どの家からもいい匂いがしてきます。
「きょうのご飯はなんだろう?」
みんなのお家のご飯をのぞいてみたい!
カレーライスに熱々コロッケ!
食欲そそる絵に、子どもも大人もお腹が空いてくる♪

好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。
「そんなに残してもったいない」
いろんな食べ物の役割や栄養を楽しく教えてくれる。
大切に作られた食べ物、残すなんてもったいないね。

NGな対応

怒る

イヤイヤ期の対応で気をつけたいことは?

【やってはいけない!】
○脅す
○感情的に叱る
○曖昧な言葉で伝える

「食べないなら、お外行って」
「なんで言うこときかないの!」
「どうなっても知らないからね」

など、脅したり感情的に叱ると、
子どもも「なぜ怒られているのか」が分からない為、逆効果!

「ご飯を食べないと大きくなれないよ」
「美味しいから一緒に食べたいな」
「お菓子ばかり食べていたら、虫歯になっちゃうんだよ」

など、きちんと理由を伝えることが大切!

まとめ

子ども

今回は、
【イヤイヤ期】食べない時はどうする?
すぐに試せる対応方法を紹介しま
した。

イヤイヤ期は、子どもの成長の証と分かっていても、
「作ったものを残される」
「茶碗を引っくりかえす」
「大泣きする」
など、ママやパパのほうが泣きたくなる気持ちになってしまいます。

イヤイヤ期は、永遠に続くものではありません!

『食べてくれないと心配』
『どうにか食べさせたい』
と、思うかもしれませんが、

【1食ぬいても大丈夫】

【昼に食べなければ夜に食べる】

【今日食べなければ明日に食べる】

と、ママやパパも思いつめずに、大きな気持ちでいましょう!

イライラした時は、子どもから少し離れるのもおすすめ♪

ママやパパのイライラが、子どもに伝わることもあります。
【頑張りずぎない】ことを頑張りましょう(^^)

少しでも参考になれば嬉しいです!

【合わせて読みたい】

【子育てママ必見】怒りたくなったら読むべき絵本。話題の呼吸セラピー!口コミを紹介!

【ほめかたのコツ】えらい・すごいは使わない!自信や向上心が育つ言葉がけを紹介!

【おもちゃのサブスク】利用方法!値段はどこが安い?大手4社の特徴や口コミなど徹底比較!

【子どもオンライン英会話】月謝3000円以内!コスパ最強4社!マンツーマンの無料体験比較!

【Amazon kidsタブレット】1年使った感想!メリット・デメリット・リアルな口コミも紹介!

ふくし

頑張りすぎず、ほどほどに♪

ふくし
幼稚園教諭→祖母が認知症→介護の道へ→介護福祉士取得→約10年の在宅介護を経験→現在は保育士として働く、7歳と2歳のずぼらママ♪少女漫画大好き♡福祉に携わってきた経験をもとに【保育】【子育て】【介護】の情報を発信しています♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる