保育士がおすすめする3歳児向け絵本 厳選8冊紹介♪

おすすめ 絵本
  • URLをコピーしました!
ふくし
ふくし

こんにちは♪

ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。

福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、
ゆる〜くつぶやいています!

私生活では、5歳男の子、0歳女の子のずぼらママで、趣味は漫画を読むこと(^^)

ふくし
ふくし

今日は3歳おすすめ絵本の話

目次

良い絵本ってなんじゃ!?

幼稚園や保育園で働いていれば、毎日、子どもに読んであげる絵本。

お子さんがいる家庭でも、必ず1度は絵本を読んであげたことあると思います。

いつもどんな絵本を読んであげれば良いか?迷ったり悩んだりしちゃいますよね、

そこで今回は、元幼稚園教諭&保育士のふくしが

3歳児にオススメな絵本を紹介します(^^)

そもそも、絵本って???

絵本は

【子どもが生まれて始めて出会う本】といわれています。

絵本は、絵と文章が一体となることによって生まれるお話の世界です。

【絵本の魅力】

○絵本の世界に入り込むことで、子どものさまざまな気持ちや願いを満足させる
○誰かと一緒に読むことで、絵本の世界を共有、共感することができる
○言葉へ親しみをもつ
○子どもの創造力が育まれる
○生活習慣への理解
○情緒の安定、感性の豊かさへつながる

絵本を子どもに読んであげる際の悩みでよくあるのが、

○どんな絵本を呼んだらいいかわからない
○いつも同じ絵本になってしまう
○子ども達の反応が気になってしまう
○どんな事を伝えるのか分からない

などがありますよね。

選ぶさいのポイント

【3歳児】
○話す聞く力が2歳児時代より増し、絵本の読み聞かせが楽しめるようになる。

以下のポイントを頭に入れて選びましょう。

○子どもにとって身近なもの、知っているものを選ぶ
○絵がたくさんあるもの
○読み終わるまでの時間は10分以内のものを選ぶ
○音やリズム、言いたくなるような言葉が入っている言葉遊びの絵本も良い

3歳児 おすすめ絵本8冊

コッコさんのともだち

作・片山 健 
コッコさんは保育園で一人ぼっち。
なかなかみんなと遊べません。
でも、一人ぼっちの子が、もう一人いました。
引込み思案のコッコさんが、みんなと遊べるようになるまでのお話。

【友だちとの関係が広がる絵本】
「仲良し」ってなんだろう?
まわりの人との関係が広がる1冊。
はじめての集団生活を送る3歳児にピッタリです♡

もうぬげない

作・ヨシタケ シンスケ
ふくがぬげなくたって、なんとかなる!?
ふくがひっかかってぬげなくなって、もうどれくらいたったのかしら。
このままずっとぬげなかったらどうしよう。
でも、なんとかなりそうな気もする・・・!さて、どうする??

【こどもの世界観を共有する本】
服が脱げないピンチを、発想の転換で楽しむ主人公。
子どもとの共感を大切にした一冊です♡

がたごとがたごと

作・内田 麟太郎
絵・西村 繁男
「おきゃくがのります ぞろぞろ ぞろぞろ」
「がたごと がたごと」電車は発車します。
街をぬけ、郊外へ。遠くに山が連なり、目の前に広がる田んぼ。日本の夏の風景。
次第に緑濃く山深くなっていき・・あれ、何だか様子がおかしい?
まさか。乗車したのは、こんなお客ではなかったはず。

【展開から想像力をかきたてられる絵本】
おきゃくさんがのって、おりて、さまざまな景色の中、電車は走っていく。
細やかな描写を描いている絵が子どもたちを引き込む♡

ぐりとぐら

作・中川 李枝子
絵 ・ 大村 百合子
お料理することと食べることが何より好きな野ねずみのぐりとぐら。森で大きな卵を見つけカステラを作ることにしました。
でも、卵があまり大きくて運べません。
そこでフライパンをもってきて、その場で料理することにしました。
カステラを焼く匂いにつられて、森じゅうの動物が集まってきます。

【ワクワクがひろがる絵本】
ぐりとぐらが料理するシーンや、動物たちと一緒にカステラを食べる場面は必見。
みんなで食べる楽しみを感じられる一冊♡

へんしんトンネル

作・あきやま ただし
トンネルをくぐると、いろんなものが変身してしまうのです!
かっぱが、
「かっぱかっぱかっぱかっぱ・・・」
とつぶやきながらトンネルをくぐると、
「ぱかっぱかっぱかっぱかっ・・・」
元気な馬になって出てきちゃいました。
さてさて、次は何が何に変身するのでしょうか?

【言葉の楽しさを感じる絵本】
言葉が繰り返されていき、絵や言葉が変わっていく様子に子どもは夢中になります。
言葉を覚える時期にぴったりの一冊♡

みんなうんち

作・五味 太郎
大きいぞうは、大きいうんち。
小さいねずみは、小さいうんち。
さかなも、とりも、むしだってうんちします。
いろんな動物が、いろんな形、いろんな色、いろんなにおいのうんちをします。
いきものは食べるから、
みんなうんちをするんだね。

【興味深々な「うんち」をテーマにした絵本】
「いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね」
シンプルだけど大事なことをユーモアに教えてくれます♡

どうぞのいす

作・香山 実子
絵・柿本 幸造
うさぎさんが作っているのは、小さな椅子。
しっぽもつけて完成です。
「さて、どこに置こうかな」
うさぎさんは、野原の木の下に、
「どうぞのいす」と書いた立て札と一緒に置いていきます。
やがて、動物たちが通り過ぎるたびに、色々な出来事が起こるのです。

【GIVEの大切さを描く絵本】
「どうぞ」の言葉に反応し、愛らしい動物たちが次々に登場します。
なんでも独り占めしちゃう子供心に響く一冊♡

おおきなかぶ

作・A・トルストイ
絵・佐藤 忠良
訳・内田 莉莎子
ある日、おじいさんがかぶの種をまきました。
「あまい あまい かぶになれ。
 おおきな おおきな かぶになれ」
おじいさんの声かけの通り、それは立派なかぶが育ちます。

ところが、とてつもなく大きなかぶは、
おじいさんが抜こうとしてもびくともしないのです。

【リズム感から遊びに広がる絵本】
「うんとこしょ どっこいしょ」一度は聞いたことのある、このフレーズ。
この繰り返しのやりとりに子どもは夢中になります。
読み聞かせのあとに集団あそびに繋げられます♡

絵本を読むなら♪

絵本を読むなら、
「絵本ナビ」がおすすめ♪

気になる絵本を試し読みしてから購入できる
今回紹介した作品はもちろん、
他の作品も読むことができます♪
保育士のふくしも、お世話になっている(^^)

絵本や学習まんがを読み放題できるサービスもあるので、
乳幼児〜中学生のお子さんがいる家庭に嬉しい♪

ギフトラッピングをしてくれるので、
プレゼント用にもおすすめ♪

絵本のある幸せな暮らしを、ぜひ♪

まとめ

大好きな絵本って、何回も、何年も読み返し、

大人になってもずっと、心に残っていますよね(^^)

そして、大好きな絵本との出会いは、

子どもの豊かな財産になります。

乳幼児~幼児の小さな子どもは

【感情の整理】社会の成り立ち】

を、覚えることからはじまります。

絵本の世界を知ることで、

【豊かな想像力】【ワクワクするよな感覚】

を、たくさん味わってもらいたいですね(^^)

少しでも参考になれば嬉しいです。

4歳、5歳おすすめ絵本はこちらから↓

ふくしのほどほどブログ
保育士がおすすめする4歳児向け絵本 厳選8冊紹介 | ふくしのほどほどブログ ふくし こんにちは♪ ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、ゆ...
あわせて読みたい
【保育士がおすすめ】5歳児向け絵本 厳選8冊紹介♪ ふくし こんにちは♪ ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、...
ふくし
ふくし

最後まで読んでいただき、ありがとうございました


ふくし
幼稚園教諭→祖母が認知症→介護の道へ→介護福祉士取得→約10年の在宅介護を経験→現在は保育士として働く、7歳と2歳のずぼらママ♪少女漫画大好き♡福祉に携わってきた経験をもとに【保育】【子育て】【介護】の情報を発信しています♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次