すぐ実践できる!秋の自然を使った製作や遊びを5つ紹介

散歩からの秋遊び 誰でもすぐ出来る
  • URLをコピーしました!
ふくし
ふくし

こんにちは♪

ふくしは、今まで介護施設や幼稚園、保育園で働いてきました。

福祉の仕事に携わってきたふくしが、今までの保育現場や、介護現場での経験や日常を、

ゆる〜くつぶやいています!

私生活では、5歳男の子、0歳女の子の母親です(^^)

ふくし
ふくし

今日は落ち葉遊びの話

目次

すぐに出来る秋の製作や遊びを紹介します

秋から冬にかけて公園に散歩に行くと、落ち葉や木の実がたくさん落ちていますよね。

落ち葉は材料費もかからないうえに、様々な製作や遊びに活用できます(^^)

まさに、自然からの贈り物!!

この時期ならではの落ち葉を使って、子どもとたくさん遊びましょう!!

今回は、

落ち葉を使って簡単にできる遊びや製作のアイデアを5つ紹介します(^^)

難しい工程もなく、身近にある材料で、

すぐに保育に活用できるものなので、ぜひ参考にしてみてください(^^)

ネックレス

【材料】
○落ち葉
○穴あけパンチ
○ハサミ
○毛糸

【作り方】
①落ち葉に、パンチで穴をあける
②子どもの首の長さに切った毛糸に落ち葉を通していく
③毛糸の端を結んだら出来上がり

○材料を持って公園にいけば、その場ですぐに作れる
○様々な色や形の落ち葉を通して、その子の特別なネックレスを作りましょう(^^)

王冠

【材料】
○落ち葉
○厚紙(幅4㎝くらい)
○ホチキス
○セロハンテープ
○両面テープ

【作り方】
①厚紙は、子どもの頭に合わせて細長く切っておく(この時、少し長めに切っておく)
②切った厚紙の片方に両面テープを貼る
③子どもが拾ってきた落ち葉を、両面テープの上に貼っていく
④子どもの頭に合わせて円の形にして、厚紙の端と端をホチキスでとめる。
⑤ホチキスの針の部分にセロハンテープを貼る(髪に引っかからないように)

○材料を持って公園にいけば、その場ですぐに作れる
○濃い色から淡い色の落ち葉を順番に貼っていって、グラデーションにしても面白い

いろんな顔を作ろう

【材料】
○落ち葉
○白画用紙
○丸シールやボタン
○毛糸や折り紙
○ぺんやクレヨンなど

【作り方】
①画用紙に落ち葉を好きなように貼る
②落ち葉にシールやボタン、毛糸などを貼って顔を作る
③ペンやクレヨンなどを使って絵や模様を書いていく

○落ち葉をそのまま貼っても良いし、びりびり、ちぎって貼っても良い
○目と口の部分は、手でちぎって作っても面白い
○大きな落ち葉なら、画用紙に貼らずに、
そのまま顔に当てて、お面としても楽しめます(^^)

釣りごっこ遊び

【材料】
○落ち葉
○棒(竿になります)
○紐
○磁石
○クリップ
○丸シール
○ペン(ポスカなど)

【作り方】
①落ち葉に、シールやペンで模様をつける
②棒に紐をつけて竿を作る
③紐の先に磁石をつける
④落ち葉のほうには、クリップをつける
④磁石とクリップがくっつくと、落ち葉が釣れる

○室内遊びに展開できる
○落ち葉の形を見て、魚だったり、貝っだりと子どもと想像して作ると盛り上がりますよ(^^)

氷作り

【材料】
○落ち葉
○水
○透明なカップ(プリンカップなど)

【作り方】
①落ち葉をカップに入れる
②水を落ち葉が浸るくらい入れる
③それを外に置き、朝まで待つ
④朝、凍った氷をカップからだす

○寒くなる季節しかできない特別な作品
○すぐに氷にはなりませんが、「凍ったかな?」「どんな風になった?」
と、次の日ワクワクした顔で子どもが登園してくれます
○寒い時期になったら、ぜひ試していただきたいです(^^)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、落ち葉を使って簡単にできる遊びや製作のアイデア5つを紹介しました(^^)

秋から冬にかけての戸外活動は、自然からの贈り物がいっぱいです(^^)

ただ、散歩するだけじゃ勿体ない!!

午後の活動に使える材料を自然の中からみんなで集めよう!

こんな目的をあらかじめ園児に伝えておくと、散歩への動機づけもついて

より主体的な活動を出来ると思います♪

季節を感じ、自然に触れながら、遊ぶのって本当に楽しいですよね(^^)

少しでも参考になれば嬉しいです!!

ふくし
ふくし

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

ふくし
幼稚園教諭→祖母が認知症→介護の道へ→介護福祉士取得→約10年の在宅介護を経験→現在は保育士として働く、7歳と2歳のずぼらママ♪少女漫画大好き♡福祉に携わってきた経験をもとに【保育】【子育て】【介護】の情報を発信しています♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次